カードローンを申し込むのに最低限必要な書類は申し込む人、本人の身分証明書ですが、これ以外に勤め先の在籍証明書を用意する場合があります。

これは会社発行の健康保険証・給料明細書・源泉徴収票などを指します。

これらのカードローン会社が指定する書類を在籍証明書として提出するのら勤務先への電話の在籍確認を省略できるとしているわけです。

この様な書類を用意して申し込むのも電話の在籍確認が省略されるので、時間もかからずすばやく審査が終了しますし、とてもいいと思います。

また今まで通り電話で在籍確認してもらうのも面倒ではなくいいかもしれません。

いずれも書類も最新の物で実際にそこに勤務している事を証明できるようなものでなければなりませんの、詳しい事はカードローン会社に直接詳しく訪ねてみてください。

カードローンの審査にはどちらが有利と言う事はなく、関係ありません。どちらでも自分の都合のいいほうを選べば問題ないです。

ただしすべてのカードローンが在籍証明書での在籍確認をしているわけではいいので、最初に確認してみる必要があるでしょう。

既に、レイク、モビット、アコム、プロミスなどの大手のあいだで書類での在籍確認が一般化しているので、大手消費者金融などでは一般的になっています。

また中小の消費者金融でも書類による確認を行っているところが多くなっています。細かいルールは会社ごとに異なりますので、申し込んだk時に詳しく確認する必要があります。